×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

妊娠おりものって

妊娠おりものの色、臭い、量などをチェックをすると体調の良し悪しや、子宮の炎症などのトラブルを妊娠時おりものチェックで早期に発見できる場合があります。妊娠おりものは何かというと、簡単に言うと女性器から出るいろいろな分泌液です。子宮内膜の粘液や子宮頸管の粘液、はがれ落ちた古い細胞などです。おりものは雑菌などが腟の中に入って来るのを防いでくれます。腟の中には大腸菌などの雑菌が侵入しやすいです。ですから”おりもの”が必要になってきます。そして妊娠中はおりものの量が増えます。妊娠中というのは新陳代謝が活発になり卵胞ホルモンの分泌が増えるため妊娠中はおりものの量が増えることになります。身体を守る意味もあるので妊娠でおりものが増えるのは自然なことですが、おりものの量が増えるとカンジダ膣炎などになりやすかったりするので清潔を心がけましょう。

妊娠初期おりもの

妊娠初期はおりものが出やすいのと、同時に個人差もありますが生理痛のような痛みを感じる妊婦さんもいるようです。妊娠初期のは乳白色のおりものが増えますが、妊娠初期のおりものが黄色かったり、茶色っぽかったり赤っぽい色が付いている時や臭いがつく時もありますが、時々はあることなのであまり心配する必要はありませんが、気になるようであれば産婦人科などを受診してみて下さい。また特に初めての妊娠の時、初期段階でおりものの量が多かったり、臭いなど不快な時など女性は気なるものです。そういう時は、おりもの専用シートを使用してもいいでしょう。しかし、妊娠初期おりものが増えるのは、雑菌から胎児を守るための身体の防御反応ですからあまり神経質にならないで下さい。

妊娠後期のおりもの

妊娠すると、おりものが増えるのはホルモンのバランスが変化したり不安定な状態の胎児を病原菌から守るために多く分泌されるのですが、ホルモンのバランスが安定する安定期や妊娠後期になってくると、おりものの量が妊娠初期に比べて減ったように感じれる方も多いようです。妊娠後期におりものが無くなる人もいるようです。基本的に妊娠後期・臨月になるとまた、おりものは増えてきます。赤ちゃんが産道を通るのため、おりものが潤滑油の役目をします。そのため妊娠後期・臨月にはおりものが増えるのです。ですから、臨月、妊娠後期におりものが増えてきたら出産が近づいたと思っていいでしょう。妊娠後期におりものの色や臭いなどおりものの異常を感じたら、産婦人科に行ってみて下さい。

Copyright © 2007 妊娠おりもの初期、後期